05 | 2018/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版エヴァンゲリオン初号機  製作その2 ~完成~ 

さてさて、より道も何とか2回で終了しました。
と言っても素組みですからねw

しかし、初めてですがエヴァンゲリオンのキットを作った感想は
「面白かった!」
に尽きます。何が面白かったかというと、「人造人間」ということで、
パーツの一つ一つが細かく繋がっているのです。
ですから、ガンプラよりも可動範囲が広かったり、多少無理なポーズもバランスを取っていられるのでしょうね♪

では、どんな感じなのか見てくださいね~。

まずは、ザク君と比較してみましょう。

ザクと正面

正面からの大きさですね。最初は小さく感じたのですが、胸から下のパーツが大きかったですw

ザクと横

では、腰を曲げてみましょう。
ザク君はもう少し曲がるはずですが、ちょっときつそうですね・・・。
初号機君は自然な曲がり方をしています。
さすが、背骨のパーツが3つもあるだけのことはありますねw

ザクと横2

次は、片膝をついたところです。
ザク君は、腰のアーマーが邪魔をしていますのでちょっと窮屈そうですね。
で、初号機君は、何も無いので曲げ放題です。(細いということもあります。)


モビルスーツと人造人間を比較するものではないですが、製作というところでいえば、
やはり、面白かったですね。とても、パーツひとつひとつが新鮮な気持ちで組めました。
腕なんてゴムパーツの中に関節が入ってますもん・・・。
固定プラを外す時なんてネチャッってな感じで気持ち悪かったですよw

近いうちに今度は零号機を作ろうと思います。
「パチンコ エヴァンゲリオン3」
が出るまでにw


エヴァポーズ1 エヴァポーズ2



エヴァポーズ3 エヴァポーズ4


エヴァポーズ5



良さが少しでも伝わりましたら、ひと押しお願いします。
 

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://misozipapa.blog36.fc2.com/tb.php/42-7587dda9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。